医療保険に大事なのは

本当に必要な医療保険の保証内容とは

公的な健康保険などの医療制度との違い

日本の健康保険の精度は充実していますので、民間の医療保険は必要ないと考える方もいらっしゃるかもしれません。
高額療養費制度など、医療費の自己負担を抑える仕組みがあったりしますので、支払えないような高額の医療費を負担するということはないのです。
また、実際の医療費の自己負担額は3割となっていますので、ある程度の収入がある場合は特に問題ないとも言えます。

医療保険の月々の支払いを考えると、相応の条件に当てはらまなければ保険金はおりませんので、支払う金額によってはとても損をしている気分になるかもしれません。

それでも沢山の医療保険の商品が出てくるということは、それだけニーズがあるということにもなります。
では、医療保険にはどのような商品が存在するのか確認していきたいと思います。

医療保険の種類と保証内容

契約している保険の条件に当てはまらないと給付されない医療保険ではありますが、ではどのような条件が存在するのでしょうか。

入院の日数の上限が定められている契約があるとすれば、契約以上の入院に関しては給付はされないことになります。
同様の病気などでの再入院の場合も、カウントされないという契約もあるので
入院日数が長引いた場合、医療保険ではまかなえない場合が発生することになります。

また、通院のみでも給付される通院保証や様々な特約も年々増えてきています。
先進医療特約から女性特有の疾病に関する特約など、金額の上限を考えなければいくらでも契約を増やす事も可能なのが、医療保険なのです。
ただ、不要な契約をしないよう特約や保証の要不要はしっかり見極めて契約したいものですね。