医療保険に大事なのは

医療保険の保証内容の違いとは

入院保障の商品による違いとは

入院保障は日数の上限や1日あたりの入院費日額によって分かれてきます。
入院日数の支払い限度の日数は30日や60日など商品ごとに定められており、日数が増えるほど契約金額は高くなります。

また、入院費日額についても同様で、3000円の商品もあれば1万円まで給付される商品も存在します。

ただ、年々入院日数は短くなっているということもあり、医療保険を支払った金額をかかった医療費分の元が取れるということはほとんどないそうです。

このほかには、健康保険でまかなうことの出来ない医療費に関して医療保険を適用させるという特約なども存在します。
よく耳にするのは、先進医療費用ではないでしょうか。
また差額ベッド代のように、全額自己負担となる保険外の医療費に関しては、民間の医療保険に頼る他ないのが現状です。

通院保証の商品による違いとは

通院保証とはいいますが、風邪などで病院にかかった場合の通院とは意味合いが違っています。
この場合の通院保証とは、ほとんどの医療保険では入院前後の通院に関する保証となり、日常的な病院への通院は含まれないものとなります。

入院保障同様、契約内容によってどこまでの通院が保証されるかが変わってきます。
入院後のみ保証される商品もあれば、入院前の通院に関しても保証される商品もあります。
この場合、入院前の通院保証がついている商品が月々の支払い額はもちろん高くなりますので、この場合もどこまでの保証が必要かしっかり見極める事が必要になってきますね。

では入院を伴わない通院での保証はまったくないかと言えばそうでもありません。
ケガに対して保証されるような障害保険に関しては、通院のみでも保証されますし、がん保険に付随する保証は長い通院生活が見込まれる為、入院なしでも保証される商品も増えてきているそうです。